« McIntosh XRT18 ヤフオクにスコーカーのエッジが出品されている編 | トップページ | エール音響 ステンレススロートアダプター 器具紹介編 »

2013年11月30日 (土)

YL音響 75000 -1- 機器紹介編

Yl_75000_1_20120513_2

↑この思春期の少年のようにギラギラしているものは・・・

YL音響の中低音ドライバーユニットの75000です

D-75000と形状はほぼ同じですが、75000としか書いていないので75000です

今現在出番待ちのドライバーです 先は長いですが・・・

Yl_75000_2_20120513_2

↑既に我が家での待機状態も1年半程度になりました

いろいろとありなかなか表舞台に立てないでいます

Yl_75000_3_20120513_2

↑詳しい人にはちょっと見で分かるかもしれませんが、この75000は昨年(2012年4月)にエール音響にてダイアフラムの交換及びネジ部分の交換を行っています

通常の75000のネジ径は40mmですがこの75000はエール音響の7550DEと同じで48mmあります

ですから通常使用するホーンのMB-90ⅡやMB-70はそのままでは使用できませんが、通常はカップラーなどを併用しなくてはならないエール音響のホーンEX-150やEX-250はそのままでも使用可能です

Yl_75000_4_20120513_2

↑通常49mmのネジ径が本体140mmに対して約28.5%なのにネジ径が48mmになると約34.3%になるので結構太く感じます

Yl_75000_5_20120513_2

V.C IMPEDANCE: 16 OHMS

→ これはエール音響にて8Ωに変更

FREQ. RANGE: 70~1,000HZ

→ D-75000は70~1,800Hzと私が持っているカタログには書いてありますが、上が1,000Hzとしてヤフオクなどに出ているモノもあるので時期的なものなのか何だかよくわかりません 使用最低周波数は130Hzとなっています これは75000も変わらないと思います

130Hz ----- 260Hz ----- 520Hz ----- 1,040Hz
      1oct       1oct      1oct

3oct限界とすると俺の75000では無理ですね このくらいの周波数なら2octから2.5octあたりに抑えるのが心地いいかもしれませんね

これを考えるとエール音響の7550DEの100~10,000Hz再生は凄いです ですがやっぱりその中で3oct程度には抑えないとダメみたいです

エール音響の7550DEの使用最低周波数(推奨)は150Hzですから

150Hz ----- 300Hz ----- 600Hz ----- 1,200Hz
      1oct       1oct       1oct

上の方は10,000Hzとはなっていますがやっぱり8,000Hzとか9,000Hzあたりなんでしょうかね?

1,125Hz ----- 2,250Hz ----- 4,500Hz ----- 9,000Hz
       1oct        1oct        1oct

こんな感じですかね 6octはカバーしているんですね 凄い

MAX. PEAK POWER INPUT: 40 WATTS

→ D-75000のカタログ上は30W(100Hz)となっています 7550DEは35Wとなっております

この75000の能率が正確には分かりませんが、D-75000と同等とすると1m測定で104dbとなっています 7550DEは驚異の115dbです

MADE IN JAPAN ← 俺的にこれ大事

→ やっぱり日本の企業に頑張ってもらいたいです!!

Yl_75000_6_20120513_2

でもダイアフラム交換で特性などは変わらないのか? 7550DEになるのか? その辺がよく分からないなぁ?

今度エール音響に聞いてみようっと

Yl_75000_7_20120513_2

↑端子も通常のD-75000とは違いますね

現在のエール音響製品に付いている端子ですかね

Yl_d75000_1_20131124_2

↑こちらは通常のD-75000の端子です

色もシルバーだし形状も違います

Yl_75000_8_20120513_2

↑ネジ径をノギスで適当に計測しました

ノギスは47.78mmと表示しております まぁ誤差含め48mmとしてOKだと思います

 

はぁ 早く使えるようにしなとなぁ・・・

 

ミッドバス用にYL音響のホーン、MB-90Ⅱがあるのですが組立用のビス類も買ってこないといけないし、先ほど言ったようにこのままでは取付が出来ないのでなかなか重い腰があがりません

 

それが現状だ

 

 

今回の話をまとめると・・・

ドライバーにホーン、役者は揃っているのに設置場所や組立に一手間かけないといけないのでなかなか進んでいないのが現状

最近はチャンデバのミッドバス部にノイズが走るのが判明し更に腰が重くなっている

でした・・・(´;ω;`)ウウ・・・

|

« McIntosh XRT18 ヤフオクにスコーカーのエッジが出品されている編 | トップページ | エール音響 ステンレススロートアダプター 器具紹介編 »

オーディオ・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529244/58636127

この記事へのトラックバック一覧です: YL音響 75000 -1- 機器紹介編:

« McIntosh XRT18 ヤフオクにスコーカーのエッジが出品されている編 | トップページ | エール音響 ステンレススロートアダプター 器具紹介編 »